借地権の相続について

日本では、第二次世界大戦後に借地に家を建てる人が急増しました。
それが当たり前の時代だったのです。
ですから、現在でも借地に住んでいる人はたくさんいらっしゃいます。
借地に家が建てられている場合、借地権が発生しますが、借地権も相続できるということを皆さんはご存じでしょうか。

借地に家が建てられていると、土地は借りているのだから借主が亡くなってしまったら、それで契約は無効になると思っている人が多いようですが、そういうわけではありません。
借地権は法律の借地法によって守られていますので、相続人は土地も家も自己所有の場合と同じように相続することができます。

借地権を相続する場合、借地法で借主が亡くなった時は、自動的に相続人にその権利が移行されることになっていますので、地主に許可を得る必要もありません。
ただし、生前に借地権を推定相続人に贈与する場合は、借主の許可を得て、名義を変更する必要があります。
その場合は、名義変更料が発生しますので注意が必要です。

借地権は、このように相続できる立派な財産の1つです。
しかし、土地の所有者が別なので、色々と注意する点があります。
土地は借りているだけだから、相続も簡単だと考えている人が多いようですが、借地権の相続は土地を借りているだけに、色々とトラブルが起きやすいと言えます。
後から困らないように、借地権の相続についての知識を頭に入れておきましょう。
当サイトでは、借地権の相続について説明していますので、どうぞ参考にしてください。



※注目サイト
借地権の相続について専門家に無料で相談出来るサイトです -> 借地権 相談

Copyright © 2014 借地権を相続すると All Rights Reserved.